売却は提案力で決まる 売主様100人に対し100の提案。 ご売却理由にあわせた最適な提案ができます。

不動産売却のご相談・査定依頼
似た物件がどの程度の価格で
売られているのかを見る
CASE

売却成功事例

不安や疑問はつきものです。お客様の成功事例から売却のコツを掴むことができます。

  • 相続の場合

    ~築50年の大切な家。取り壊しての土地売りはしたくなかった。~

    地元に強い豊富なネットワークでハードルの高かった案件もスピーディに売却できた

    既存顧客がいるため、売却のご依頼をいただいた直後にマッチング(紹介)ができる事や、案件ごとに購入層を見定め、それに沿ったバランスの良い提案が早期売却へと繋がりました。
    相続登記・税金・測量・残置物撤去などワンストップでのご提案を行い、売主様のご負担も軽減できたと思います。来店相談から契約締結・相続登記完了まで、約1か月半程度で売却処分となり、売主様から大変お喜びの声を戴けました。

    思い出の詰まった家 当店からほど近い住宅街の中にある一戸建て。築50年以上木造2階建て。現在は空き家。
    登記名義人は去年亡くなられたご主人のままで、家屋内には冷蔵庫や洗濯機など荷物がいっぱい残っている状態でした。法定相続人は奥様と娘さんの2名です。
    購入時の売買契約書も有るとのことで、近隣の相場や成約事例から鑑みても、売却時の譲渡所得税はかからない事が分かりました。後は相続を原因とする所有権移転登記を申請するために遺産分割協議書の作成を提案しました。

    お客様の気持ちを大切に 今回のケースでは法定相続人2名がそれぞれ1/2ずつの持分を有するのが原則ですが、すでに売却処分する事を決めていらっしゃったので、より売却活動をスムーズに進めるためにどちらかお一人が単独で名義人になることをお勧めしました。 築50年以上の戸建ては、中古戸建てとして売り出すには非常にハードルの高い案件でした。 しかし、永年の思い出が詰まった大切な家であり、取り壊しをして土地売りする事はしたくないとのお気持ちを受け、戸建てとして使って戴ける方をお探しすることになりました。 お話を受けて1週間あまりたったとき、以前お取引があったお客様より中古戸建てをお探しになっているとの相談があり、ご紹介させていただいたところ、購入申込を頂く運びとなりました。

  • 住み替え  売却先行の場合

    ~住宅ローンが残っている中の住み替え。3年後再びご連絡をくださった。~

    住み替えは売却と購入のタイミングが大事。綿密な資金計画に基づき、ご負担のないお住み替えができた。

    居住中であり住宅ローンの支払いが残っていることから、ダブルローンにならないように売却したお金で住宅ローンの残債を完済できるような資金計画をご提案いたしました。 また、お引っ越し先を探していただくお時間が必要だったので、契約締結から3か月後に所有権移転を設定し、スムーズなお引渡しが実現しました。

    売却の相場を確認。査定通りの金額で通るか不安 ある一括査定サイトからのお問い合わせでした。 先ずは大体の相場を知りたいとのことでしたので、近隣の売出中物件と直近の過去成約事例を収集し、お客様の土地・建物の面積や築年数に照らし合せて机上査定書をメールしました。
    後日、実際に見に来てほしい。会ってお話がしたいとお返事を頂き、訪問してご相談をさせていただく運びとなりました。
    家族構成は40代のご夫婦と小学生の息子さんの3人家族。築4年の新築で買った木造2階建ての一軒家。家屋内外は手入れが行き届き、とてもキレイにお使いになられています。
    御主人様が遠方にお勤めで、通勤に便利な立地へお住替えを検討されているとのことでした。
    住宅ローンもまだ残っている中、査定金額通りで売れるか心配があり、しばらく返済を続けて様子を見るとの事でいったん売却は見送りとなりました。

    時間を掛けて検討。いよいよ売却活動がスタート! そして3年後、御主人様から改めて査定依頼のメールを頂きました。
    当初とは市況が違うため、前回の査定価格よりも高値で売却ができる可能性がありました。購入希望者から申込の際に値段交渉が入る事を想定した価格で専任媒介を締結。いよいよ売却活動がスタートする事になりました。
    半年後、多少の値段交渉はあったものの条件が折り合って無事に売買契約が締結されました。
    ただし売買契約が締結されてから住替え先を探していくことになるので、契約締結から引渡しまで3ヶ月の期間を設けることにしました。

  • 住み替え  購入先行の場合

    ~老後に備えて利便性の高いマンションに住み替えたい。~

    メリットの多い購入先行型は、負担なくじっくりと売却できる

    売却益に頼らずに新居を購入する事ができる資金力のある方だったので、負担なくじっくりと売却活動をしていくことができました。
    お住替え先をじっくり探すことができる、仮住まい費用がかからない、お引っ越ししてから売り出すことができるので、ご購入希望者のタイミングでお見せでき、居住しながら見学に来ていただくといった売却に伴う気疲れがない・・・など、メリットがたくさんありました。

    綺麗に手入れしていても、大規模なリフォームが必要な状態 折り込みチラシを見たというお客様からご自宅の売却を検討しているとご相談を受けました。
    弊社から車で10分程度のところにお住まいとの事で、さっそく訪問の約束を取りご自宅へ伺いました。 お話を伺ったのは70代のご夫婦でした。
    「もう歳だから1階と2階を行き来するのも大変なのよ。」
    「もっと駅が近くて買い物が便利なマンションがいいかなって。」
    「たいして広いわけでもないけど、庭の手入れが大変。」
    約50年間お住まいになられてきたご自宅はきれいに手入れがされていましたが、中古住宅として売却するには大規模なリフォームが必要な状態でした。
    売却益を頼りにしなくても、資金的に住替え先を先行して購入できることが分かったので、先ずはご希望条件に合う中古マンションの情報を収集し、実際に物件をご案内することから始めました。

    空き家になってから売却活動を始めました! 程なくして、新しい住まいの候補が見つかり、無事に契約してお引っ越しまで順調に進みました。 近所の目も気になることから居住中に販売活動はせず、引っ越しをして空き家になってから開始することにしました。 すぐに買主様は見つかり、売主様の負担で解体と測量を行って境界確定・更地渡しで無事取引は完了しました。

  • 転勤の場合

    ~戻ってくる可能性もある転勤。売却か賃貸か。~

    売却か賃貸か空き家のままか、残債はどうするのか。複雑に入り組んだ状況を丁寧に解決できた

    お客様の“その時、その時”のご状況に合った最善の提案ができたと思います。 選択肢は一つではなく、様々なケースを想定しお客様が納得のいく条件で進めていけるお手伝いを心掛けています。 急な転勤であったため、短期間で手続きしなくてはならないことも多く、スピード感も大切でした。 お客様に信頼していただき、二人三脚で解決できたこともたくさんありました。

    転勤のお話から、2通りの提案 5年前にマンションを購入したというお客様からの相談
    「会社から急遽転勤の話があった。長期的な転勤となりそうなので、売却で処分か、それとも他に方法が無いか悩んでいる」 という相談のメールがありました。
    戻ってくる可能性もあることから〝売却〟と〝賃貸〟の二通りでご提案をさせていただきました。
    お引っ越し後に両方で並行して活動させていただき、先に賃貸で借主が決まったので、しばらくは貸しながら家賃収入を得ていました。
    その後数年が経ち、戻ってくる見込みもない事から売却処分を検討したいとの事で再度ご相談をいただきました。投資用で購入希望の方が見つかり、オーナーチェンジとして無事に契約締結の運びとなりました。

  • 返済が厳しい場合

    ~フルリフォームした自宅。借入れを完済したい~

    豊富な経験に基づく売却想定額と、反響獲得のノウハウを活かした販売活動により、難しい案件も早期に売却できた

    売主様の経済的なご事情を鑑みながら、経験に基づく相場観とのバランスを考えた販売価格の設定により、 周辺の事例より高めの価格設定でも多くの反響を獲得し、早期売却となりました。 諸費用をできる限り抑えたご売却のご提案により、ご希望に沿った価格での販売が可能になりました。
    また、ポータルサイトで物件の良さを最大限にアピールする方法を熟知しており、反響数を伸ばすことができたことから、ご検討いただけるお客様を多く集客することに繋がりました。
    住宅ローンを利用しない現金でのご購入でしたので、ご契約から短期間での決済となり、売主様のご負担を軽減することができたと思います。
    来店相談から決済・お引渡しまで約2か月半でのご売却となり、売主様には大変ご満足いただきました。

    仕事を辞めなければならない状況 約10年前にお父様が亡くなり相続されたご自宅。ご高齢のお母様と、登記名義人であるご子息とのお二人暮らし。築50年以上の木造2階建てを、数年前にフルリフォームしました。 リフォーム代は住宅ローンでお借入れされており、抵当権が設定されていて残債がありました。 販売価格を設定するにあたり、お話を伺っていく過程で、ご売却の理由は住宅ローンのご返済が難しくなったためということが分かりました。お母様の介護のために仕事を辞めなければならなくなり、生活のために住宅ローン以外の借入金もあるとのことでした。

    全てを賄える金額でのご提案 近隣の成約事例から鑑みた販売価格より若干高めの設定ではありましたが、住宅ローン以外の借入金も含めたお借入れと、売却時の諸費用や引越代を全て賄える金額での販売をご提案しました。 築年数は経っていましたが、フルリフォームで外観・室内共に大変きれいであったため、販売開始当初から反響が多く、現地をご見学されたお客様より購入申込を頂く運びとなりました。

ADVANTAGE

センチュリー21みのり開発柏売却の強み

柔軟な提案力

売主様のご状況に合わせた柔軟な提案。 買取保証付きやスピード買取、売主様のスケジュールに合わせた売却サポートなど、様々な提案が可能です。 当社は30年以上、売却をはじめとした住まいのお役立ちに務めてまいりました。 その中で様々なご要望にお応えしてきた経験があり、その経験で培った多くのアイデアがあります。

地域密着

柏市、松戸市、流山市、我孫子市、鎌ケ谷市を中心に不動産事業を展開する徹底した地域密着型の店舗です。 この地域にしっかりと根ざし、周辺の状況や地域の特色など、ネットだけでは決して分からない情報を持っています。 地元の方との繋がりも深いため、個々の物件についても詳しい内情を把握していることが多く、売主様の心強いパートナーになることをお約束します。

MARKET PRICE

売却の相場をチェックしてみる

売却する物件に条件の近い物件がどの程度の価格で成約しているのかチェックできます。

PERFORMANCE

不動産売却実績

センチュリー21みのり開発柏がサポートした数々の売却実績。その一部をご紹介します。

STAFF

スタッフ紹介

不動産業界のプロフェッショナル、センチュリー21みのり開発柏のスタッフをご紹介します。

コンサルティング事業部 部長

小暮 洋成

大切な資産を取り扱う私の仕事は単に売ることが目的ではありません。 住まいへの想いに寄り添い、最善の方法を一緒に考え、叶えていくことです。 不動産には税金、登記、家屋調査、測量など多くのハードルがあります。分かりやすく安心、安全なお取引をお約束致します。
宅地建物取引士 空き家相談士
コンサルティング事業部 課長

澤田 秀一

我孫子市に住んで30年以上、柏・松戸・流山の土地勘には自信があります。 相続や税金、空き家問題に取り組むため日々勉強と経験を積み重ね、プロとしてお客様のお役立ちができることを生き甲斐としています。
宅地建物取引士 相続コーディネーター 空き家相談士 手話対応可
コンサルティング事業部

平木 光也

ライフプランに合わせた不動産の「売却」提案が得意です! 不動産の個性をアピールし、購入者様に届く様ご提案差し上げます。 売却諸経費~税金面~販売計画(測量・解体)全般お任せ下さい!年間売却相談実績100件以上あります。
宅地建物取引士 空き家相談士
コンサルティング事業部

加藤 航

情報量が全てと言っても過言ではない不動産業界では、売主様が多ければその分情報が集まり、 それに比例して購入検討者様も集まるという連鎖になります。 多くの売主様に選んでいただけるような仕事をしていきます。
空き家相談士
コンサルティング事業部

北野 大樹

売主様一人一人にとって最善のご提案が出来るよう努めております。 一般的には知られていない事や不動産ならではの慣習など分からない事も多くあると思いますが、 ご納得いくまで誠心誠意ご対応させていただきます。
宅地建物取引士 管理業務主任者
コンサルティング事業部

関口 春信

売主様一人一人にご売却の理由があり、その理由によってご提案の内容も変わってきます。 まずは、ご売却に至った経緯、不動産に対する想いなどをお聞かせください。 ご満足のいくご売却を一緒に実現させます。
宅地建物取引士
コンサルティング事業部

金城 正博

地域密着店舗である弊社は、地域に詳しい企業と地主様の支持を受け、 地域特性に精通している為、独自のルートで購入者のご紹介が可能です。 住替え、相続、住宅ローンなどのご相談を全力サポート致します。
宅地建物取引士 中国語対応可
QUESTION & ANSWER

不動産売却Q&A

不動産売却についてよくある質問にお答えいたします。

  • Q

    不動産の売却を考えていますが、最初に何をすればよいのでしょうか?

    A

    まずは、不動産の査定を行なうことをおすすめします。
    査定とは、その不動産がいくら位の金額で売れそうか、売却予想価格を調べることです。
    センチュリー21みのり開発柏では、メールでご依頼いただける『簡易査定(机上査定)』と、実際に現地へお伺いさせていただく『訪問査定(現地査定)』を行なっております。
    今すぐではなく、まずは相場の把握からというお客さまには『簡易査定(机上査定)』をおすすめいたします。
    周辺の成約事例等からおおよその査定額を概算でお伝えいたします。

    また、具体的にご売却をお考えのお客さまには『訪問査定(現地査定)』をおすすめいたします。
    ご所有不動産の個別要因を調査・考慮したうえでの査定額となりますので、より実勢に近いものとなります。

    どちらも無料で査定ができますので、お気軽にご相談ください。

  • Q

    不動産の査定とは、実際にどういうことをするのですか?

    A

    査定には大きく分けて、『簡易査定(机上査定)』と『訪問査定(現地査定)』があります。

    『簡易査定(机上査定)』は不動産の現地確認は行わず、法規制等の調査、周辺の売出事例や成約事例の調査、市場の動向を考慮に入れて、おおよその査定価格を算出するものです。
    『訪問査定(現地査定)』は、実際にお住まいや現地等を訪問させていただき、土地の字型や間口、道路との接道向き、建物やお部屋の状態、リフォームの必要性等を確認してから、査定価格を算出します。日当りや風通し、騒音等のチェックなども実際に確認しますので、より精度の高い査定価格になります。

    売却活動が開始し、お取引が最後まで完了するには平均1ヶ月~6ヶ月程度かかります。市況や物件によっては期間も前後するため、具体的にご売却を検討されている方には、より精度の高い査定価格がわかる『訪問査定(現地査定)』をおすすめいたします。

  • Q

    査定をお願いした場合、かならず売却をお願いしないといけないのでしょうか?

    A

    そのようなことは一切ございませんのでご安心ください。
    ご売却をしようかどうかを悩まれているお客様のあくまでご参考のひとつとなれば幸いですので、先ずはお気軽にご相談ください。

FLOW

売却の流れ

センチュリー21みのり開発柏のネットワーク力を最大限に生かし、お客様のご納得いただける不動産売却を実現いたします。

  • STEP1

    ご売却の相談

  • STEP2

    ご売却物件の
    調査・査定

  • STEP3

    ご売却のための
    媒介契約

  • STEP4

    ご成約に向けた
    販売活動

  • STEP5

    不動産売買契約
    の締結

  • STEP6

    物件の引渡し準備
    と抵当権の抹消

  • STEP7

    残代金の受領と
    物件のお引渡し
    (決済)

接客グランプリ2019売買流通部門全国2位
×
不動産売却 無料査定はこちら